アップス・シーオー、目標管理製品で社員の個別比較評価を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アップス・シーオー、目標管理製品で社員の個別比較評価を可能に


掲載日:2017/07/31


News

 アップス・シーオーは、目標管理(OKR:Objective & Key Result)ツール「MileStoneQuest(MSQ)」の提供を7月27日に開始した。

 本ツールでは、日々の目標を管理することで、従業員の動向やプロセスを把握できる。日々の目標、プロセス、結果を「データ化・ポイント化」し、データを基に個別比較評価を行うことができる。

 従業員は、始業時に5分程度の入力で1日の目標を明文化する。これにより、作業力と効率を考えて行動できるようになる。また、「上司設定」を利用することで、部下の目標を確認でき、個人評価ツールとしても活用できる。上司は、部下の目標・結果データや自己評価(難易度、達成度)に対して、上司から見た評価(同)を入力し、バックエンド処理でデータ化する「補正」を行える。

 これにより、目標設定の是非や、結果(自己評価)の是非などを数値化できる。また、部下の目標・結果に対して上司コメントを入力することで、日報ツールとしても利用できる。

 目標を設定することで、当日の作業に「完了」という区切りをつけられ、余計な残業を抑止することも期待できる。また、目標が達成できなかった場合でも、結果内容に目標が達成できなかった原因や次回への展望を入力し、意識することで、より高いレベルのマインドセットを形成することが期待できる。

 目標入力時には、どのような能力(アビリティ)を使用して目標を達成するかを入力する。12種類の能力(企画力、交渉力、他部署連携力、リーダーシップ力、クレーム対応力、情報収集能力、自己啓発力、知識向上力、コミュニケーション力、顧客関係力、コスト削減力、人事育成力)が設定されている。従業員はどの能力を使って目標を達成できたかを入力することで、目標に対するプロセスをデータ化できる。また、この12種類は、グループや部署ごとに内容を変更できる。

 期(1年、半年、四半期)を設定することで、結果データやアビリティデータをまとめ、評価ができる。これらのデータはCSV形式で出力でき、他のシステムとの連携も可能になる。

 本ツールは目標と結果だけを管理する機能を備えた「個人利用」プランと、個人の目標設定に加え、ユーザー設定、部下設定、上司による目標評価など、データを活用できる「企業利用」プランを用意する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

将来の人材確保に備えて知っておきたい、世代ごとの働き方と企業の対応 【SAPジャパン】 従業員の納得感を得つつビジネスに好影響をもたらす人事評価のカギとは? 【SAPジャパン】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 【ミロク情報サービス】 旧来の人材マネジメントプロセスをアップデートし、ビジネスを成功に導くには? 【SAPジャパン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
将来の人材確保に備えて知っておきたい、世代ごとの働き方と企業の対応 従業員の納得感を得つつビジネスに好影響をもたらす人事評価のカギとは? 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザーニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術 旧来の人材マネジメントプロセスをアップデートし、ビジネスを成功に導くには?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071564


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ