日本IBM、セキュリティ運用監視の対象にシスコのFW製品を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、セキュリティ運用監視の対象にシスコのFW製品を追加


掲載日:2017/07/14


News

 日本IBMは、セキュリティ運用監視サービス「IBM Managed Network Security Services(IBM MNSS)」の監視対象機器に、シスコの次世代ファイアウォール(FW)製品を追加し、7月12日に発売した。価格は、監視費用が月額18万1400円(税別)〜。

 IBM MNSSは、東京を含む世界8拠点のIBMセキュリティオペレーションセンター(SOC)で、ユーザーの事業所にあるネットワークセキュリティデバイスに対し、セキュリティ専門技術者が有人監視・運用・管理を24時間365日行うサービスだ。

 今回、監視対象機器に追加されたのは、「Cisco ASA5500-X with FirePOWER services」と「Cisco Firepower」シリーズだ。いずれも、未知の攻撃を迅速に検知・遮断する高度なマルウェア防御(AMP)機能を備え、マルチレイヤー保護に対応する。また、対象ネットワークを自動学習することで、検知ルールセットを最適化したり、セキュリティアラートをインパクトの高いものから並べ替えたりすることが可能だ。これにより管理のシンプル化と省力化、コストの削減が図れる。


出荷日・発売日 2017年7月12日 発売
価格 監視費用:月額18万1400円(税別)〜

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

ネットワーク内のアプリケーションを柔軟に管理し、組織を守るソリューション 【パロアルトネットワークス】 つぎはぎのセキュリティ製品に連携を――金融業界に必要なプラットフォームとは 【パロアルトネットワークス】 多種多様なネットワーク機器を統合運用、複数ベンダー対応のポリシー管理ツール 【JSecurity】 ネットワークユーザーの動向を可視化して組織を保護するNGFWソリューション 【パロアルトネットワークス】 CloudGen Firewall Fシリーズ(旧 NextGen Firewall Fシリーズ) 【バラクーダネットワークスジャパン】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
ネットワーク内のアプリケーションを柔軟に管理し、組織を守るソリューション つぎはぎのセキュリティ製品に連携を――金融業界に必要なプラットフォームとは 多種多様なネットワーク機器を統合運用、複数ベンダー対応のポリシー管理ツール ネットワークユーザーの動向を可視化して組織を保護するNGFWソリューション UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071467


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ