事例:寿司製造会社が複雑な生産指示のシステム化などを可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:寿司製造会社が複雑な生産指示のシステム化などを可能に


掲載日:2017/07/13


News

 アイルは、法人向け寿司・オードブル・ケータリング製造・卸業を営むドリームダイニングが、アイルの基幹システムとWeb受注システムを導入したと発表した。特注の寿司セットなど複雑な生産指示もシステム化できた上、客がWeb注文時に配達時間を指定可能になったという。

 ドリームダイニングでは、市販の業務管理ソフトを使用していたが、食材の賞味期限や配達時間など自社特有の管理に対応できないため、Excelでのアナログな管理も併用しており、事務作業の負荷が高かった。

 アイルの基幹システム「アラジンオフィス」を導入したことで、特注の生産指示書もシステム出力が可能になるなど、業務に合わせたカスタマイズにより作業が効率化された。システム導入前に比べ、事務作業に倍の人数が必要なほど事業が成長したが、人員を増やさずに対応できるようになった。また、拠点間のデータ共有をリアルタイムに行えるため、電話やFAXでの煩雑なやり取りが不要になった。

 また、ドリームダイニングは、Web受注システム「アラジンEC」も導入し、注文受注の利便性を向上した。従来、得意先からの注文は、FAXや電話と他社製のWebシステムで受けていたが、他社製のシステムはカスタマイズができず、配達時間の指定に対応できなかった。FAXでの注文は記入間違いや読み間違いがあり、得意先への確認の電話が絶えない状況だった。

 こうした問題を受けて、アラジンECを導入し、カスタマイズで承認機能を追加した。同システム上で注文を確認後、承認ボタンを押せば注文が確定し、得意先には注文を受領した旨のサンクスメールが配信される仕組みを構築した。これにより、確認漏れを防げ、得意先にも安心感を与えられるようになった。

 また、アラジンECの導入によって、予約期間を過ぎると注文が自由にはいらないよう、制御することが可能となった。同社は注文を原則3日前までと定めているものの、FAXでは直前でも注文が自由に入ってしまっており、以前までは1件ずつ連絡をしていて効率が悪かった。システム上で制御可能にしたことで連絡が不要になったという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】
その他基幹系システム関連
各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071458


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ