デージーネット、OpenXPKIを日本語化、認証局構築サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デージーネット、OpenXPKIを日本語化、認証局構築サービスを開始


掲載日:2017/06/29


News

 デージーネットは、SSL証明書の管理を行う認証局として動作するオープンソースソフトウェア(OSS)「OpenXPKI」の日本語化を行い、同OSSを活用したプライベート証明書を発行する認証局の構築サービスを開始する。

 同OSSは、通常のパスワードを使用した認証に比べ解析されにくく、セキュリティを向上できる。また、同社が開始するサービスは、OSSを組み合わせたシステム構築サービスなので、ユーザーライセンス料をかけず、設計・構築・保守に十分な費用をかけられる。

 システム導入後は、同社の導入後支援サービス「Open Smart Assistance」で、継続してシステム管理者の運用をサポートする。Q&A(インストールしたOSSやソフトウェアの利用方法に関しての質問に答える)やセキュリティ情報の提供に加え、障害調査や障害回避といったサポートを受けられる。障害時には、オンサイトでの対応や、システム再構築も行う。

 価格は、OpenXPKIの構築が80万5000円〜、RADIUSサーバの構築が72万4000円〜(いずれも税別、導入後支援サービス込み)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 AXIOLE 【ネットスプリング】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 【シーディーネットワークス・ジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 基礎から学ぶ「bot攻撃」対策:代表的な攻撃手法と有効な対処法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071355


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ