富士通、Tesla P100搭載のディープラーニング基盤を短期間で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、Tesla P100搭載のディープラーニング基盤を短期間で提供


掲載日:2017/05/19


News

 富士通は、高速なディープラーニング基盤を短期間で構築できる「Zinraiディープラーニング システム」の提供を開始した。価格は3570万円〜(税別)。

 本システムでは、NVIDIAの最新GPU「Tesla P100」を搭載したディープラーニング専用サーバに、100種類以上のソフトウェアをすぐに使える状態で組み込み、動作検証済みのストレージとともにシステムとして提供する。データを外部に持ち出したくないなどの理由からオンプレミス環境でディープラーニング基盤を構築したい場合に適している。

 1台あたり8個までGPUを搭載できるため、用途に基づいて同社が推奨する計算能力を参考に、柔軟にシステム構成を選択できる。また、ディープラーニング基盤をクラウドで提供するサービス「Zinraiディープラーニング」と組み合わせたハイブリッドクラウド環境も容易に構築できる。利用頻度の低い学習処理はクラウドサービスで実行し、頻度の高い処理はオンプレミス環境で実行するなど、目的に応じた使い分けも可能だ。


出荷日・発売日 −−−
価格 3570万円〜(税別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「垂直統合型システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「垂直統合型システム」関連情報をランダムに表示しています。

「垂直統合型システム」関連の製品

HCIの期待と現実、実際はどうなのか? ユーザーの不安を読み解いてみた 【ネットワールド+他】 運用・障害対応をシンプル化、ICT企業が自社向けに選んだ仮想化基盤は? 【ネットワールド+他】 「HCI」は“ゴール”ではない? その先にある次世代ITインフラの具体像とは 【ヴイエムウェア株式会社】 「クラウド基盤製品」に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン合同会社】 データセンター課題の解決策:ハイパーコンバージドで実装すべき機能は何か 【ニュータニックス・ジャパン】
垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)への関心が高まる一方で、「実は難しい」「コストが高い」といった声も少なくない。しかし、この解釈はもはや古いかもしれない。 運用・障害対応をシンプル化、ICT企業が自社向けに選んだ仮想化基盤は? HCIからSDDCへ――次世代インフラへの移行計画の考え方 ギフト券3000円分が当たる★クラウド基盤製品に関するアンケート データセンター課題の解決策:ハイパーコンバージドで実装すべき機能は何か

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20071058


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ