ペンティオ、IDaaSにリスクベース認証オプションを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ペンティオ、IDaaSにリスクベース認証オプションを追加


掲載日:2017/05/11


News

 ペンティオは、IDaaSクラウドサービス「OneLogin」で、ログインのリスクベース認証オプション「OneLogin Adaptive Authentication オプション」の提供を開始する。普段の使用では使い勝手を向上でき、非日常の使用では安全性を高められる。

 本サービスは、アプリケーションSSO(シングルサインオン)とアカウント管理IAM(アイデンティティアクセス管理)を提供する。

 今回の新オプションでは、いつもの端末でいつもの場所から利用する本人であると確認できればMFA(多要素認証)を要求せず、いつもと違う接続方式や接続場所の場合は本人でないと推定してID・パスワードに加えMFAを追加要求する。

 本人でないと推定される場合の判断基準には、「AlienVault Open Threat Exchange」で脅威と定義されたIPアドレスや、迷惑行為を行ったIPアドレス、匿名化された接続ネットワーク、ブラックリストに規定される国、新しい町や国、新しく使用するWebブラウザやOS、あまり使用されないWebブラウザやOS、新しく使用する端末、新しいIPアドレス、珍しい時間帯でのアクセス、2つの場所の間をありえない速度で移動した利用者からのアクセス、といった要素がある。これらの判定が「リスクなし」「低リスク」「中リスク」のいずれの程度で追加認証を要求するかを、管理者があらかじめ設定できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 AXIOLE 【ネットスプリング】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20070995


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ