FNETS、WAN側との通信量を抑制できるクラウドWi-Fi基盤を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FNETS、WAN側との通信量を抑制できるクラウドWi-Fi基盤を発売


掲載日:2017/04/21


News

 富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)は、Relay2が提供するクラウドWi-Fiプラットフォーム(クラウドサービスとアクセスポイント)を6月に発売する。

 本プラットフォームでは、データ処理の一部をアクセスポイント(AP)に割り当てることで、APとクラウドの間のデータ通信量を抑制でき、ネットワーク帯域不足を改善できる。端末の性能を問わず、高速なアプリケーション処理が可能になる。M2M(Machine-to-Machine)に代表される、遅延要求に厳しいリアルタイムアプリケーションにも適している。

 例えば、アクセスポイントにコンテンツを格納しておくことで、WAN側の状況に依存しない安定的な通信を提供できる。災害時にWANが切断された環境でも、格納した災害情報や避難所案内などの情報を配信できる。また、有線ネットワークを敷設できない環境でも、携帯電話会社のネットワークを利用してWi-Fiサービスを提供できるため、バスなどの移動車両やイベント会場などで、映像や観光情報などを利用者がスムーズに受信できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」 クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20070883


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ