PFU、スキャナーとクラウドの連係機能を強化し検索性などを向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PFU、スキャナーとクラウドの連係機能を強化し検索性などを向上


掲載日:2017/04/20


News

 PFUは、ドキュメントスキャナー「ScanSnap iX500/iX100」とさまざまなクラウドサービスを直接連係する「ScanSnap Cloud」の機能を強化した。

 本サービスでは、PCやスマートデバイスを立ち上げることなく、同スキャナーでスキャンしたデータを直接、さまざまなクラウドサービスに保存できる。

 今回の機能強化では、ドキュメント管理のストレージクラウドサービス「Box」「Dropbox」「Evernote」「Google Drive」「OneDrive」と連係した際のデータ検索性を向上した。ScanSnap Cloud上でOCR(光学式文字認識)処理を行うことで、検索可能なPDFファイルを作成できる。各クラウドサービス上でファイルを表示した後に指定した文字列で検索したり、テキストデータをコピーして再活用したりできる。また、特定のクラウドサービスでは、複数ファイルの中から特定の文字列で全文検索を行うこともできる(Box/Evernoteでは日本語を含む全文検索が可能)。

 ビジネス文書のタイトルや日付などから自動的にファイル名を生成する機能が、名刺やレシートでも使えるようになった。例えば、名刺であれば会社名や部署、名前など、レシートであれば受領日やカード種別、カード番号、金額などから、自動的にファイル名を生成できる(本機能は前述の各ストレージクラウドサービスで利用できる)。これにより、ファイル名設定の手間が減るとともに、容易にファイルを検索・整理できるようになる。

 スマートデバイスのカメラで撮影した画像データを取り込む機能も追加した。オートフォーカスやオートシャッターによる素早くきれいな撮影と、背景除去や台形補正、縦横アスペクト比補正といった画像補正を自動的に行い、あらかじめ設定したクラウドサービスに保存できる。これにより、例えば、オフィスや自宅で同スキャナーを利用するユーザーが、外出先でも手軽に紙書類を電子化、活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20070878


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ