トゥモロー・ネット、医療情報を蓄積・分析できるシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トゥモロー・ネット、医療情報を蓄積・分析できるシステムを発売


掲載日:2017/04/13


News

 トゥモロー・ネットは、クラウド型医療支援システム「DOCTOR FORCE」を9月1日に発売する。

 本システムは、一般的な経営分析に加え、診療支援や研究支援までをカバーする。会計情報だけでなく検査結果を含む標準出力や、医療向けデータウェアハウス(DWH)の統一フォーマット「SDM(Semantic Data Model)」に準拠したデータベースを利用することで、特定のメーカーに依存しない低コストな分析環境を提供する。また、3省4ガイドラインに対応可能なクラウド基盤「Microsoft Azure」を使用し、セキュリティを確保している。

 医療情報システムからデータを抽出し、変換して保存するために、メーカーごとにインタフェースプログラムを開発するコストや、保存先DWHを変更する際の移行コストを削減するために、メーカーに依存しない標準出力であるレセプト電算ファイルやDPCファイル、SS-MIX2ストレージを入力とし、保存方式としてSDMを採用している。また、メーカーに依存しないSDM対応のビュワー(標準機能)を用いて、クラウドに保存した患者の情報を迅速に検索・参照でき、災害や障害により医療情報システムが停止している間も診療業務を継続できる。

 検査結果に対するチェック条件や検査目的をあらかじめ設定しておくことで、DWHからチェックした患者を自動的にリストアップできる。設定された検査目的を確認することで、別の医療従事者がスムーズに患者に対応できる。また、診療行為、処方、検査結果、病名、コストを組み合わせた分析が可能で、類似症例の検索や臨床研究への利用が期待できる。


出荷日・発売日 2017年9月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

ProSCOPE-C 【日立SC】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」 【ソフトバンク コマース&サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 スマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで勤務状況を正確に記録でき、ヘルパー賃金計算も自動。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20070826


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ