クラスキャット、深層学習ベースの高速な一般物体検出製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラスキャット、深層学習ベースの高速な一般物体検出製品を発売


掲載日:2017/01/12


News

 クラスキャットは、画像上の複数種類の物体の位置を特定してクラス分類できる一般物体検出ソリューション「ClassCat ObjDetector v1.0」を2月1日に発売する。オープン価格。

 本ソリューションは、Googleがオープンソース化した深層学習フレームワーク「TensorFlow」をベースとし、新しい人工知能・コンピュータビジョン技術とGPU(Graphics Processing Unit)を利用して高速化を図っている。

 デフォルトで約100種類の物体を検出できるが、ユーザーデータによる追加トレーニングで検出種類を増やせる。動作環境はGPUが必要となるが、オンプレミス環境へのインストールサービスに加え、GPUを標準装備したクラウド上のサービスとしての提供も可能で、Google、Microsoft、AWS、IBMなどのマルチクラウドに対応している。オプションで、人工知能研究開発支援サービスの一環として、同ソリューションの導入を支援するテクニカルコンサルティングサービスも提供する。サポートサービスなども用意する。


出荷日・発売日 2017年2月1日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは 【インテル】 SAS Event Stream Processing Studio 【SAS Institute Japan】 「Pepper」からチャットbotまで、AIで実現する17種類の顧客対応 【ソフトバンク】 はじめてのAI活用――「WatsonAPI」の導入と業務利用を基礎からサポート 【ソフトバンク】 データガバナンス・フレームワーク 【SAS Institute Japan】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣 「Pepper」からチャットbotまで、AIで実現する17種類の顧客対応 はじめてのAI活用――「Watson API」の導入と業務利用を基礎からサポート データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20070179


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ