提携:CTC、グリッドの機械学習・深層学習を活用したAIを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:CTC、グリッドの機械学習・深層学習を活用したAIを提供


掲載日:2017/01/12


News

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、グリッドと業務提携し、グリッドの機械学習・深層学習フレームワーク「ReNom」を活用した人工知能(AI)サービスの開発・提供での協業を開始する。

 ReNomは、深層学習や最適化アルゴリズム、生成モデルをはじめ、さまざまなアルゴリズムをライブラリーとして備えている。複雑な設定を必要とせず、各ライブラリーを組み合わせることで比較的容易にAIを作成できる。

 今回の協業では、ReNomを使用したユーザーデータの分析サービスをはじめとして順次サービスを拡充し、製造、ライフサイエンス、情報通信、政府・公共機関、交通・物流、エネルギーなどの分野でのAI利用を共同で推進する。

 グリッドが持つ機械学習・深層学習に関するノウハウと、CTCのシステム構築・運用能力を組み合わせ、既存システムとReNomの連係を含めてAIの活用を支援する。また、AI導入・活用を検討するユーザー向けのPoC支援サービスをはじめとして、順次、導入後のフォローを行う定着化支援などのサービス開発やReNomを使用したアプリケーション開発を進めていくという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

複数製品によるクロスチャネル/クロスデバイス戦略、データ分散を防ぐ11の機能 【Tealium Japan】 マーケティング施策に足りないもの データ分析で顧客を理解する 【富士通】 予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは? 【SAS Institute Japan】 SAS Enterprise Miner、SAS Factory Miner 【SAS Institute Japan】 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 【SAS Institute Japan】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
複数製品によるクロスチャネル/クロスデバイス戦略、データ分散を防ぐ11の機能 今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する 予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは? 進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20070176


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ