NTTデータ先端技術、特定ベンダー製品に依存しないSDNを取扱開始

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ先端技術、特定ベンダー製品に依存しないSDNを取扱開始


掲載日:2016/11/01


News

 NTTデータ先端技術は、Nuage Networksのネットワーク仮想化(SDN)ソリューションの取り扱いを開始した。

 本ソリューションは、VXLANなどのL2カプセリングプロトコルを利用し、異なる物理サーバ上の仮想スイッチをグループ化することでL2ネットワークを仮想的に拡張する「オーバレイ方式」のネットワーク仮想化技術を採用する。物理的なネットワーク構成や特定ベンダーの製品に依存しないため、SDN導入に伴う既存のネットワークへの変更を最小化できる。

 仮想化したネットワークは統合管理ツールで一元的に管理できる。管理ツールは直感的に利用できるGUIを採用し、ドラッグ&ドロップ操作でネットワークの追加や設定変更を行える。

 これらにより、これまで拠点ごとのネットワーク出口に設置していたファイアウォールなどのネットワークセキュリティ製品を集約することも可能になり、機器導入や保守運用などのコストの削減も支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SDN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

「SDN」関連の製品

次世代SDNで何が変わる? 「L4/L7サービスチェイニング」を徹底解説 【シスコシステムズ合同会社】 IPS連携でサーバを自動検疫、次世代SDNでデータセンターのセキュリティを強化 【シスコシステムズ合同会社】 丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? 【ヴイエムウェア株式会社】 次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは? 【日商エレクトロニクス】 構築例で学ぶ「ネットワーク仮想化」、導入前に知っておきたいセキュリティ知識 【ヴイエムウェア株式会社】
SDN SDN SDN SDN SDN
次世代SDNで何が変わる? 「L4/L7サービスチェイニング」を徹底解説 IPS連携でサーバを自動検疫、次世代SDNでデータセンターのセキュリティを強化 丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? 次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは? 導入前に知っておきたい最低限のセキュリティ知識「ネットワーク仮想化」

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069749


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ