FRONTEO、データ分析の新版でUIを改善、複数観点の解析にも対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FRONTEO、データ分析の新版でUIを改善、複数観点の解析にも対応


掲載日:2016/10/06


News

 FRONTEOは、人工知能(AI)によるビジネスデータ分析支援システムの新バージョン「Lit i View AI助太刀侍 Ver.2.0」の提供を開始する。

 AI助太刀侍は、国内外の重要ニュースの自動抽出やカスタマーセンターにおける顧客の声の自動振り分けなど、主にビジネスインテリジェンスの分野で利用できる分析支援システムだ。

 今回のバージョンでは、データ取り込みからスコア計算までの解析フローを見直し、改善点をユーザーインタフェース(UI)にも反映したことで、より簡素なステップで解析できるようになった。また、例えばワインに関するレビューの解析時に「味わい」「コストパフォーマンス」など観点が異なれば解析結果が変わってくることを考慮し、異なる観点での解析を同時に行えるようにした。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 【日本アイ・ビーエム】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法 【富士通マーケティング】
BI BI BI BI BI
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069578


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ