リックソフト、ConfluenceとAlfrescoを連係するアドオンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リックソフト、ConfluenceとAlfrescoを連係するアドオンを発売


掲載日:2016/10/05


News

 リックソフトは、情報を整理・保存・共有するAtlassianのツール「Confluence」と、エンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)機能をもつ「Alfresco」を連係するためのアドオンソフトウェア「Alfresco connector for Confluence」を発売した。

 Confluenceは、Wordのように簡単にコンテンツを作成でき、情報を整理・保存・共有しながら、ソーシャル機能などを用いてチームでコラボレーションができるエンタープライズ向けWikiシステムだ。

 今回発売するAlfresco connector for Confluenceは、添付ファイルをPDFに変換してプレビューする機能を備え、プレビュー内で文字を検索してハイライト表示できる。対象となる添付ファイルは、ExcelなどのOffice文書やIllustrator/Photoshopなどのデザインファイル、図面・設計書などのCADファイルなど。

 また、添付ファイルのプレビューをサムネイル表示する機能もある。プレビュー画面とサムネイル画面ではバージョン(版)を表示でき、バージョン管理に利用できる。

 さらに、Alfrescoのドキュメントマクロを利用することで、ConfluenceページにAlfrescoファイルを埋め込める。また、Confluenceの各ページやスペースへAlfrescoに保存されたファイルのリンクを追加したり、解除したりできる。

 その他、ConfluenceからAlfrescoのフォルダを作成でき、Confluenceのスペースごとに利用するAlfrescoのフォルダを設定したり、ConfluenceからAlfrescoに保存されたファイルを検索したりできる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069561


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ