アマノ、操作性・視認性が向上した就業情報ターミナルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アマノ、操作性・視認性が向上した就業情報ターミナルを発売


掲載日:2016/09/30


News

 アマノは、タイムカード方式を採用したネットワーク対応型就業情報ターミナルの新モデル「TX-300」シリーズを10月3日に発売する。

 TX-300シリーズでは、タイムカードの運用をそのままシステム化しているため、出勤・退勤時刻を現場で容易に確認できる。

 5.7型のタッチパネル付きカラー液晶表示機(LCD)を搭載しているほか、ディスプレイの項目表示や氏名印字などにユニバーサルデザインフォントを採用し、操作性と視認性が向上している。また、タイムカードとICカードを併用できるモデル「TX-300AD」がラインアップに追加され、「正社員はICカード、パートタイマーやアルバイトはタイムカード」といった使用現場に即した運用にも対応できる。

 タイムカード打刻時に「おはようございます」「お疲れさまでした」などの音声を出力できる機能を標準搭載している。音声は最大9言語(標準搭載は日本語のみ)まで設定でき、個人ごとに「おはようございます」と「Good Morning」を切り替えることもできる。また、施設内の案内放送と連動する外部時報接点出力も標準搭載している。

 通信方式はIPv4/IPv6(DualStack)に対応しているほか、USBポートやSDカードスロットを標準搭載し、オンライン接続が困難な設置場所では、外部メモリを介したオフライン運用も行える。

 徹夜勤務の際に前日の印字段に退勤打刻を印字する機能や、複数店舗で勤務する際に勤務実績を適正に集計する応援勤務機能を標準搭載している。

 価格は、タイムカード方式・LAN対応のTX-300Aが25万円、タイムカード/ICカード併用・LAN対応のTX-300ADが30万円(いずれも税別)。


出荷日・発売日 2016年10月3日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 勤怠管理クラウド・SaaSサービス KING OF TIME(キングオブタイム) 【ヒューマンテクノロジーズ】 jinjer勤怠 【ネオキャリア】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 サーバー不要で安心・便利なクラウド型勤怠管理システム。国内・海外の勤怠データをリアルタイムに一元管理でき、定期バージョンアップによる進化するシステム。 マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069532


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ