NTT Com、NCSとの共同実験でAI活用し危険運転を自動検出

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、NCSとの共同実験でAI活用し危険運転を自動検出


掲載日:2016/09/29


News

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、日本カーソリューションズ(NCS)とともに行った共同実験により、交通事故の原因となり得る危険な運転を自動検知することに成功したと発表した。

 NTT Comは、2015年より時系列ディープラーニング技術を活用した人工知能(AI)の映像解析への活用に取り組んでいるという。ディープラーニングとは、深層学習と呼ばれる多層構造のニューラルネットワークのことで、自動的に物事を解釈するために求められる特徴や要素を抽出できる。

 一方、NCSは、カーリースを契約している顧客に、安全運転促進のための自動車IoT(Iternet of Things)ツールとして「NCSドライブドクター」を提供している。同ツールでは、走行中の運行データを自動的に転送することで、車両の運行状況や運転者の安全運転実施状況をWeb上で把握でき、運転映像も録画できる。このサービスのオプションとして提供している「NCS交通安全プログラム」の映像解析サービスでは、専任スタッフが、車載器に記録された膨大な映像データの中から、危険運転シーンを抽出し分類する作業を行っているという。

 今回、NTTサービスエボリューション研究所の移動状況推定技術を使ったAI技術を活用することで、映像や速度など複数のインタフェースを持つ時系列なデータから危険運転を自動で判別し、作業を早く正確に実施できると考え、両社で実験を開始したと述べている。

 同実験では、飛び出してくる自転車などとの接触事故になりかねない危険な運転を、約85%の精度で自動検出することに成功したと伝えている。

 NTT Comは、同実験で得た、時系列な複数のインタフェースを持つマルチモーダルデータをAI技術により分析する知見を、各種IoTソリューションなどに広く提供していく予定だとしている。また、NCSは、今回対象とした接触事故につながる運転以外にも、一時停止不履行や信号無視など法令違反も含めた危険運転データや地域性、時間帯、車種など個別の状況を踏まえたさまざまなケースの分析を行っていて、これらのインシデントを自動検出するために、AIによる自動分析の高度化を検討していくと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 【Sansan】 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を 【Sansan】 ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点 【日本ヒューレット・パッカード】
暗号化 暗号化 CRM SFA 垂直統合型システム
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 受注率を高めるマーケティング手法「ABM」の第一歩は、名刺データにアリ 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を ハイパーコンバージドインフラの選び方:組織に必要な機能を見極める5つの視点
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069512



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ