デジタルアーツ、ファイル暗号化ソフトでAD連携強化の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルアーツ、ファイル暗号化ソフトでAD連携強化の新版を提供


掲載日:2016/09/29


News

 デジタルアーツは、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」で、Active Directory(AD)との連携機能を強化し、ユーザーが導入・運用時にさらに容易に一元的に管理できる「Ver.5.11」の提供を開始した。

 FinalCodeは、ファイル単位で指定した人やグループのみが閲覧できるように制限できるため、ファイルが流出しても中の情報が漏えいしない。遠隔で権限変更や一括消去を行えるため、ファイルが手元を離れた後でも管理できる。社外に暗号化したままファイルを渡す際も、社外のユーザーに費用はかからない。

 今回のVer.5.11では、企業・団体内で使用中のADで管理するアカウントをそのままFinalCodeの認証で利用できるようにしたため、アルバイトや契約社員など、全従業員がメールアドレスを持っているとは限らない地方自治体や企業において、全ての利用者を対象にできる。さらに、ADの設定をFinalCodeに反映する機能が強化されたため、異動や退職といった人事異動に伴うファイルへのアクセス権限の変更もADの設定から有効にできる。

 SaaS版では、異なるドメイン間で利用者認証を行う「SAML認証」に対応し、ユーザー社内にあるADと連携し、複数のクラウドサービスへのシングルサインオンが可能になる。ADFSやAzure AD、Okta、OpenAMなど、SAML2.0に準拠するIdentity Providerに対応している。

 仮想アプライアンスとして提供されているオンプレミス版では、「統合Windows認証」対応により、「FinalCode Client」のインストール後、自動的に認証が行われるため、利用者による設定作業が不要で、すぐに利用開始できる。その他、オンプレミス版ではWindows Serverにおいて仮想化環境を作成・管理できる「Hyper-V」に対応した「FinalCode Server」が提供され、FinalCode Serverの対応データベースとして「Microsoft SQL Server」および「Oracle Database」が追加された。

 これらの新機能は、FinalCodeに標準搭載され、「FinalCode Express Edition」(10月3日発売)をはじめ、Business Edition、Enterprise Edition、自治体限定版の全てで利用可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069499


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ