採用:東京アールアンドデー、基幹業務システムにオロのERP採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:東京アールアンドデー、基幹業務システムにオロのERP採用


掲載日:2016/09/28


News

 オロは、クラウドERP「ZAC Enterprise」が、東京アールアンドデーの基幹業務システムとして採用されたと発表した。

 東京アールアンドデーは、電気自動車などの要素技術開発や、デザイン開発、部品開発、素材開発などの自動車開発分野で研究開発を行っている。同社では、経営データをタイムリーに可視化し、多角的な経営分析や管理会計を可能にするシステムの導入を検討していたという。

 今回、原価管理や工程管理、勤怠管理などの一元化が可能な点や、案件ごとの収支管理により損益情報をリアルタイムに可視化できる点、また、経営データの一元管理とワークフローの整備やリアルタイムな入力による月次決算の早期化が可能な点を評価し、ZAC Enterpriseを導入したと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Plaza-i:機器販売保守業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBA ITソリューション】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】
ERP ERP ERP ERP ERP
機器販売(輸出入、ロット・シリアル在庫、部品展開)と機器保守(保守契約管理:前受請求、売上月次均等計上、前受戻し)の複合業態に強いERPパッケージ。 【直販のみ】 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。
会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069487


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ