キヤノン、映像から約1500人をカウントできるソフトなど2種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、映像から約1500人をカウントできるソフトなど2種発売


掲載日:2016/09/28


News

 キヤノンは、ネットワークカメラの映像の中から約1500人までの人数をカウントできるソフトウェア「People Counter Version 1.0」を10月下旬に、複数人での作業が求められる現場で作業者同士の距離が離れると警告を出す「Minimum Staff-Count Detector Version 1.0」を12月下旬に発売する。価格は、いずれもオープン価格。

 People Counter Version 1.0は、同社製ネットワークカメラで撮影したライブ映像や、複数のネットワークカメラの映像を一括管理できるサーバシステムであるビデオマネジメントソフトウェアに保管した映像から、人の特徴を検知し解析することで、横向きや後ろ向きの人も含め、少人数から約1500人までの人数を精度よくカウントできる。指定した領域の中にいる人数や、指定したラインを双方向で通過する人数をカウントすることも可能。小売店舗から大規模な商業施設、駅、競技場、空港などのさまざまな施設で、混雑状況や来場者数、人の流れを把握し、警備員の配置や避難誘導の安全対策に加え、集客の傾向を把握するマーケティングでも活用できる。

 フルHD(2メガピクセル)のネットワークカメラで撮影した映像で、約1500人をカウントできる。800万画素を超える静止画では、数千人規模の人数をカウントできる(撮影環境や人物の映り具合などにより、カウントできる人数が増減する場合がある)。

 Minimum Staff-Count Detector Version 1.0は、映像内で指定した領域に映る人が、1人の場合や、複数人であっても一定の距離以上離れた場合、単独で作業をしていると判断し警告を出せる。機密性が高いデータセンターや金融機関など、複数人での作業を必要とする現場で、従来は目視で行っていた確認を自動化することで、コストを削減しながら正しい手順で業務を遂行できるよう支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他データ分析関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他データ分析関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他データ分析関連」関連の製品

次世代 数理計画法システム LocalSolver 【MSI】
その他データ分析関連
メタヒューリステイック・アプローチによって、大規模組み合わせ最適化問題に対して高品質な解を短時間で導き出す、本格的オールインワン数理計画汎用ソルバー。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069474


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ