リコー、生産性と操作性を向上したA3カラープリンタ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、生産性と操作性を向上したA3カラープリンタ2機種を発売


掲載日:2016/09/26


News

 リコーは、A3カラープリンタ「RICOH SP C841/C840」シリーズの2機種8モデルを10月13日に発売する。

 RICOH SP C841シリーズでは、連続プリント速度がA4サイズでカラー・モノクロとも毎分55枚、C840シリーズでは同45枚に向上した。耐久性にも優れ、C841シリーズで150万ページ、C840シリーズは120万ページの出力に対応できる。

 10.1インチのフルカラータッチパネル「MultiLink-Panel」を全モデルに搭載し、操作性の向上が図られている。機密印刷や保留印刷などのプリンタ蓄積文書印刷機能を簡単に操作できる専用アプリ「かんたん文書印刷」といったさまざまなアプリケーションが標準搭載されている。また、消耗品の交換手順を動画で表示でき、作業時間低減を支援する。

 紙折り対応のオプションが用意されている。本体の胴内に装着でき、省スペースながらZ折り、2つ折り、内3つ折り、外3つ折りに対応できる。また、針あり綴じ/針なし綴じを使い分けられるフィニッシャーを装着できる。

 同社の「カラーQSU技術(DH定着方式)」を採用し、C841シリーズの標準消費電力量(TEC)が2.2キロワット時、C840シリーズは1.5キロワット時で、またC840/C840Mのスリープモード時の消費電力は0.7ワットと、オフィスの省エネ・コスト削減を図れる。

 オプションの「画像領域拡張キット」を装着することで、316×432ミリの領域まで印字でき、A3サイズよりも大きいSRA3用紙(320×450ミリ)へのA3トンボ印刷に対応できる。また、小サイズ用紙対応カセットが標準装備され、さまざまな用紙に対応できる。

 従来の9600dpi相当×600dpiに加え、新たに4800dpi相当×1200dpiでの印刷に対応できるほか、POP広告モードが搭載され優れた品質で出力できる。Mac OSからも標準で出力できるようになった。


出荷日・発売日 2016年10月13日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069442


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ