IPS、SAPの次世代ERPに対応したテンプレートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IPS、SAPの次世代ERPに対応したテンプレートを提供


掲載日:2016/09/23


News

 アイ・ピー・エス(IPS)は、SAPジャパンのビジネススイート「SAP S/4HANA Enterprise Management」に対応したERPテンプレート「EasyOne」の提供を開始した。

 EasyOneは、SAP ERPをベースに日本企業の考え方や習慣に合うよう、販売プロセス、ロジスティクス、生産、会計、勘定科目体系などを再編集し、補完プログラムと機能をテンプレート化した製品群。またSAP S/4HANA Enterprise Managementでは、大量のデータを高速に分析するためのインメモリDWH「SAP HANA」に最適化されている。両製品を利用することで、業務と管理品質の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新 【SCSK】 AIを生かしたクラウド型ERPが作る、新たなバックオフィス業務の姿とは? 【freee】 製造業向け クラウド対応ERPパッケージ i-PALET生産管理 【BSNアイネット】 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新 AIを生かしたクラウド型ERPが作る、新たなバックオフィス業務の姿とは? 製造業向けに特化したERPパッケージ。個別受注/見込み生産の両形態に対応し、生産進捗状況が一目で確認できる。IoT/M2MデータやRPAなどと連携したシステム構築も可能。 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069410


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ