IPS、SAPの次世代ERPに対応したテンプレートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IPS、SAPの次世代ERPに対応したテンプレートを提供


掲載日:2016/09/23


News

 アイ・ピー・エス(IPS)は、SAPジャパンのビジネススイート「SAP S/4HANA Enterprise Management」に対応したERPテンプレート「EasyOne」の提供を開始した。

 EasyOneは、SAP ERPをベースに日本企業の考え方や習慣に合うよう、販売プロセス、ロジスティクス、生産、会計、勘定科目体系などを再編集し、補完プログラムと機能をテンプレート化した製品群。またSAP S/4HANA Enterprise Managementでは、大量のデータを高速に分析するためのインメモリDWH「SAP HANA」に最適化されている。両製品を利用することで、業務と管理品質の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

オープンソース クラウドERP Odoo(オドゥー) 【Pro-SPIRE】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】 内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには 【チェプロ】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界100カ国以上、5万社以上の企業が利用するクラウドERP。通常のERPではサポートされていない機能も網羅しており、改修コストを掛けずに、ユーザー自身が機能追加できる。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 営業、見積もり、原価……バラバラに導入されたシステムが業務の改革を阻んでいる。「建設業ではまず無理」と諦められていた「統合システム」を実現する方法とは。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069410


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ