採用:慶應大学大学院、インターネットディスクロージャーを試用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:慶應大学大学院、インターネットディスクロージャーを試用


掲載日:2016/09/23


News

 インターネットディスクロージャーは、開示事例検索および財務分析サービス「開示Net」が、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科ビジネスエンジニアリング研究室の研究で活用されることが決定したと発表した。

 開示Netは、EDINET提出書類(有価証券報告書/四半期報告書、臨時報告書等の開示書類)、TDnet提出書類(決算短信/四半期短信、業績予想等の適時開示書類)、および株主総会招集通知をリアルタイムに収録している。“全文検索による開示事例検索”“収益性指標や成長性指標などによる財務分析”“XBRL科目検索”などの機能により、さまざまな用途で利用できる。また、IFRSベースの検索機能は、専用目次を使い日本語でIFRS事例を検索可能になっている。

 慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科ビジネスエンジニアリング研究室は、持続可能な社会を構築するための、社会と経済と環境と技術に関わるシステム問題を扱っているという。政策とビジネスと技術進歩を包括的に考慮してシステム設計し、事例に基づく定性的研究とシミュレーションを用いて定量的に分析する「Socio-technical-economical methodology」を開発していると伝えている。

 今回、企業イノベーションの要因分析をテーマとした研究で、企業の持続的なイノベーション創出のために必要な要因を分析するため、同サービスを採用することを決定したと述べている。同サービスは、研究での仮説を上場企業に適用する際の対象企業選定プロセスで活用することを想定していると伝えている。採用では、情報単位ごとの表示やデータソースなどが一覧で確認可能なこと、汎用性が広くさまざまな立場や目的で活用可能なことが決め手となったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069401


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ