RBP、予定のドラッグ&ドロップが可能なグループウェア新版提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RBP、予定のドラッグ&ドロップが可能なグループウェア新版提供


掲載日:2016/09/21


News

 リスモン・ビジネス・ポータル(RBP)は、「J-MOTTOグループウェア」の新バージョン「V3.5」の提供を開始した。

 J-MOTTOグループウェアは、ネオジャパンが開発した「desknet’s NEO」をベースにしたクラウド型グループウェア。今回の新バージョンでは、予定のドラッグ&ドロップを行えるほか、WebメールがIMAPに対応している。ユーザーの誤削除防止が図られているほか、有償オプションで交通費・経費精算が用意されている。

 価格は、基本単位(20ユーザー)で月額3000円または年額3万円、追加単位(10ユーザー)で月額1200円または年額1万2000円。なお、交通費・経費精算の有償オプションの価格は、1ユーザー月額100円(グループウェア登録ユーザーと同数での契約)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 Office 365 導入後を追跡 社内コミュニケーションはどう変わる? グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069363


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ