高電社、辞典追加や機能強化を図った中国語統合ソフト新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


高電社、辞典追加や機能強化を図った中国語統合ソフト新版を発売


掲載日:2016/09/21


News

 高電社は、中国語(簡体字・繁体字)の入力、音声付きデジタル辞書、漢字ピンイン変換や文例マスターなどを搭載した、中国語統合ソフト「ChineseWriter11」を10月14日に発売する。

 ChineseWriter11では、「小学館 日中辞典第3版」「Unicode版 中日大辞典第三版」など全6種をデジタル辞典に搭載し、サブウィンドウ表示機能やネット辞書連携により流行語や俗語も容易に検索できるよう配慮されている。また、ルビ振り機能などの強化が図られていて、学習や教材作成向けの機能を提供する。

 中国語の読みの一部を入力することで単語や短文が表示される予測変換機能では、変換候補にピンインも表示されるようになった。新語も追加されている。また、サブウィンドウ表示機能を使って検索した複数の単語や文例を見比べたり、流行語、俗語や専門的な用語をインターネット上の辞書サイトから検索したりできる。この他、繁体字を簡体字に変換して検索する機能やインクリメンタル検索にも対応している。

 中国語から声調付きピンインへの変換や、日本語から中国語漢字への変換を行う「漢字ピンイン変換プラス」では、変換精度の向上が図られている。ピンインユーザー辞書に登録することで、声調変化が発生する慣用句や固有名詞にピンインと声調を指定することもできる。Wordの中国語文書にクリック操作で声調付きピンインを付けることができるルビ振り機能では、ピンインを漢字の上に付けるほか、下付きや声調記号のみをつけたり、漢字とピンインを分離したりする機能も追加された。また、Excel上へのアドイン機能も搭載している。


出荷日・発売日 2016年10月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069359


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ