SCSK、認証機器の新ソフトで不正通信端末の自動排除を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、認証機器の新ソフトで不正通信端末の自動排除を可能に


掲載日:2016/09/20


News

 SCSKは、認証アプライアンス「RADIUS GUARD S」で、不正通信端末の自動排除を図れるブラックリスト機能をサポートした新ソフトウェア「6.05」の提供を開始した。

 今回の新ソフトウェアでは、不正通信端末をブラックリスト化する機能が追加され、不正と判定された通信の特定に応じて、端末に紐付くアカウントまで自動で無効化して、不正通信を根本から排除する仕組みを備えている。

 ブラックリスト機能では、syslogサーバで受信したセキュリティログを参照し、不正通信を行った端末のアカウントがブラックリストに自動的に登録され、認証処理で拒否され、付随する認証スイッチや無線アクセスポイント(AP)が接続を拒否するため、その後のネットワーク利用が不可能になり、セキュリティの強化を図れる。

 アカウント登録時のMACアドレス自動取得・紐付け機能では、利用者がアカウント申請を行った際、自動的に申請を行った機器のMACアドレスを収集し、申請で許可されたアカウントと自動的に紐付けて記録することで、認証処理でアカウントの申請を行った時点の端末かも自動的にチェックして認証処理を行うため、アカウントの使い回しの防止を図れるうえ、運用時の利便性向上も図れる。

 新バージョンでサポートされる機能は、仮想サーバで動作する仮想アプライアンス版「RADIUS GUARD S VA」でも同様にサポートされる。

 なお、「RADIUS GUARD S」本体(200認証ライセンス搭載)の価格は、79万円(税別、初年度のサポート費用別)から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069333


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ