事例:甲友会、クレオマーケティング人事給与ソリューション導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:甲友会、クレオマーケティング人事給与ソリューション導入


掲載日:2016/09/16


News

 クレオマーケティングは、甲友会が医療法人向け人事給与ソリューション「ZeeM 人事給与」を導入したと発表した。

 ZeeMは、クレオマーケティングが開発、販売する会計・人事給与パッケージ。

 甲友会では、以前の人事給与システムでは人事と給与を別々に運用していたため、データの登録作業の重複やデータ連携の際に手作業で加工するという手間が発生していたという。また、人事制度改革に合わせてシステムの設定ができなかったことや、資料作成のためのデータ収集や日々の事務処理に追われ、人事企画の立案や経営資料の作成に十分な時間が取れなかったことも課題だったとしている。

 甲友会は、日常業務の煩雑化を解消し、人事データの活用や制度変更にあわせた柔軟性を人事給与システムに求め、2012年にシステム選定を開始し、10製品近くを比較検討した結果、2013年にZeeM 人事給与を採用したと伝えている。

 採用の決め手となった要因は、医科系私立大学など医療業界でのさまざまな実績、業界特有の複雑な給与体系にも対応できる柔軟性だったとしている。また、特に重要視されたのは、10人程度のスタッフが実際に操作体験をすることで実感した“使いやすさ”だったと伝えている。

 本稼働から約3年経過し、人事管理と給与計算を一体化したシステムによりデータの自動連携が可能になったことに加えて、マスターテンプレートの設定変更機能により給与条件や就業規則の変更にも柔軟に対応できるようになったと述べている。ほかにも、任意検索機能により、担当者が任意で必要なデータを抽出でき、さまざまな角度から分析できる資料を作成できるようになったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069315


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ