dit、1Gbpsネットワークに特化したモニタリング製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、1Gbpsネットワークに特化したモニタリング製品を発売


掲載日:2016/09/16


News

 ディアイティ(dit)は、1Gbpsネットワーク用の、ネットワーク監視とパケット解析によるトラブルシュートに適したネットワークレコーダーアプライアンス「Capture Engine Appliance」を、発売した。

 Capture Engine Applianceは、末端セグメントのモニタリングに対応する、1Gbpsネットワーク専用モデル。Savviusのネットワークレコーダー「Omnipliance」シリーズで使用されている「Capture Engine for Omnipeek」のWindows版を搭載し、Omniplianceシリーズと同様の機能を持ちながら、安価に提供される。また、外部ストレージの利用も可能になっている。

 Omniplianceシリーズを利用したコアネットワークのモニタリングと併用することもでき、ネットワーク全体のモニタリングやトラブルシュートの迅速な実行を図れる。ネットワークに流れるアプリケーションレベルの解析も行える。

 なお価格は、「Capture Engine Appliance STD」が185万円、Savvius Omnipeek Connectをバンドルした「Capture Engine Appliance LE」が198万円(いずれも税別)。


出荷日・発売日 2016年9月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル ネットワーク、サーバー、仮想化基盤、アプリケーション、ストレージと幅広く対応。階層化されたトポロージマップやトップ10リスト等、問題点や原因箇所を視覚的に表示。 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069312


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ