NTTデータ スマートソーシング、SharePoint用ワークフローを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ スマートソーシング、SharePoint用ワークフローを強化


掲載日:2016/09/16


News

 NTTデータ スマートソーシングは、SharePoint Serverのワークフロー機能を拡張する製品の新バージョン「OpenCube 2016」の提供を開始した。

 OpenCube 2016は、紙や旧来型のグループウェアで行っていた日本企業の業務に沿ったワークフローを、容易に短期間でSharePoint Serverに構築でき、またWordやExcelの文書をそのまま回覧・閲覧できるようにするワークフローパッケージ。今回の新バージョンでは、SharePoint Server 2016に対応したほか、ワークフロー定義機能や運用機能の強化が図られている。

 ワークフロー定義は、従来のVisioでの作成に加え、Webブラウザ上でも簡単な設定で作成できるようになった。Visioでは、長く複雑なワークフローの作成など、高度な設定をすることができる。また、OpenCube管理サイトの機能強化として、組織変更など企業の変化を考慮した運用機能や、定義ワークフローを部署単位などで管理できる機能が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

大企業・中堅企業向け エンタープライズ ワークフロー MAJOR FLOW Z 【パナソニック ネットソリューションズ】 簡単ワークフロー X-point(エクスポイント) 【エイトレッド】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは 【アドビ システムズ】 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
申請処理を始め、あらゆる業務プロセス処理の基盤に活用することができるワークフローソフトウェア。多彩な外部システムとの連携も可能。 とにかく簡単! Webブラウザで書類を管理する斬新なスタイルのワークフロー。ノンプログラミングでWebフォームを作成できるなど、利用者の利便性を重視した。 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは 契約業務を完全デジタル化する方法

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069305


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ