日本ヒューレット・パッカード、従量制のハイブリッドIT環境発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ヒューレット・パッカード、従量制のハイブリッドIT環境発売


掲載日:2016/09/13


News

 日本ヒューレット・パッカードは、オンプレミス従量課金型サービスにMicrosoftのパブリッククラウドを採り入れた「HPEフレキシブルキャパシティwith Microsoft Azure」を発売した。

 HPEフレキシブルキャパシティwith Microsoft Azureは、オンプレミスに設置するハードウェア製品(サーバ、ストレージ、ネットワーク)と、ソフトウェア(OS、仮想化ソフトウェア)、Microsoft Azureクラウドサービスを含めた、契約と請求を一本化できるサービス。ユーザーのデータセンターに設置したITリソース(キャパシティ)使用量と、Microsoft Azureサービス使用量をメータリングし、1つの利用量モニタリングポータルで可視化する。

 また、IT環境全体を包括的にサポートする「HPE データセンターケアハイブリッドサポート」による、エンタープライズレベルの一元保守サポートも提供される。


出荷日・発売日 2016年9月12日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 【インテル】 クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは? 【インターネットイニシアティブ】 「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ 【日本アイ・ビー・エム】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方 【インテル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 大手クラウドベンダーが教える、サービスの裏側と仕組みの秘密 「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069236


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ