Synology、高速化などを図ったラック型NASの新製品3機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Synology、高速化などを図ったラック型NASの新製品3機種を出荷


掲載日:2016/09/13


News

 Synologyは、ラック型NASの新製品として、シーケンシャルリード速度が毎秒4937MBの12ベイNAS「RackStation RS3617xs+」と、同3829MBの12ベイNAS「RackStation RS3617RPxs」、設置を容易にした2ベイNAS「RackStation RS217」の3機種の出荷を9月16日に開始する。

 RS3617xs+は、CPUにXeon D-1531 6コア 2.2GHzを採用し、シーケンシャルリード毎秒4937MB、IOPS 55万6727以上の性能を提供するNAS。1ギガビットイーサネット(GbE)LAN×4ポートと10GbE LAN×2ポートを標準搭載している。またRS3617RPxsは、CPUにXeon D-1521 クアッドコア 2.4GHzを搭載し、シーケンシャルリードは毎秒3829MB、IOPS 43万3873以上、1GbE LAN×4ポートを標準搭載している。

 両製品とも、PCIeスロットにデュアルポート10GbE NICを2つ増設可能で、10GbE LAN×4ポートを追加可能になっている。電源は500W×2の冗長化が行われているほか、標準12ベイ、拡張ユニットを2つ追加することで合計36ベイとなる。

 RS217は、1Uサイズの2ベイNAS。CPUはMarvell Armada 385 88F6820 デュアルコア 1.33 GHzを搭載している。従来機の「RS214」に比べ暗号化データの転送速度が214%向上(3倍強)と高速化されている。1GbE LAN×2ポートを搭載していて、Link Aggregationやフェイルオーバーに対応している。また、奥行が12インチと短めのため2ポストのラックやウォールマウントなどへの設置が容易になっている。動作温度は5から50度と高温環境でも使用可能になっている。


出荷日・発売日 2016年9月16日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 【日商エレクトロニクス】 「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? 【日商エレクトロニクス】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち? オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069215


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ