ユニバーサルワークス、Webアクセシビリティに関して調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニバーサルワークス、Webアクセシビリティに関して調査


掲載日:2016/09/09


News

 ユニバーサルワークスは、8月22日〜31日に全国47都道府県及び20政令指定都市のWebサイトを対象に、“Webアクセシビリティ”に関する調査を実施したと発表した。

 Webアクセシビリティとは、Webコンテンツへのアクセスしやすさのことを指し、障害の有無や年齢、経験、使用している機器を問わず、誰もがアクセスできることが、Webサイトに求められる条件だとしている。

 同調査では、全盲の視覚障害者を含むユニバーサルワークスの専属調査員2人がWebサイトにアクセスして、“JIS X 8341-3:2016”達成基準などを目視評価したという。

 調査の結果、高いコントラスト比(前景と背景の色の差)や明快な文書構造、適切なリンクラベルを有する島根県が、高い評価を得た一方、全体では法律や規約に反するサイトもあるなど、高齢者や障害者を含む全ての利用者が利用可能なWebサイトにするための取り組みはまだ不十分といえる結果となったと伝えている。

 具体的には、総務省が示すWebアクセシビリティ基準“適合レベルAA”を満たさないWebサイトが多数あったほか、AAを満たしていることを表明していても、実際の品質が表明内容と異なるケースが散見されたとしている。

 また、コントラスト比が、国際規格に規定される“4.5:1”を満たしていないWebサイトが多数あって閲覧に支障があったり、健常者でも読み取り困難な例もあったほか、調査に当たった全盲の調査員には到達できないコンテンツも多数あったと伝えている。問い合わせ先としてFAX番号が記されないなど、聴覚障害者への配慮が不足している例も見られたと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069174



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ