アクロニス、バックアップ製品の新版で復元機能などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクロニス、バックアップ製品の新版で復元機能などを強化


掲載日:2016/09/09


News

 アクロニス・ジャパンは、企業が保有するIT環境下にあるさまざまなデータを容易かつ高速にバックアップ・復元可能にする、データ保護ソリューションの新バージョン「Acronis Backup 12」を9月7日から順次発売する。

 Acronis Backup 12は、クラウド、オンプレミス、仮想システム・物理システム間、リモートシステム、モバイルデバイスなど、さまざまな保管場所にある企業データを、ハイブリッドクラウドIT環境で保護可能にするソリューション。Webベースの一元管理コンソールにより、物理マシンや仮想マシン、クラウド上のシステムをローカルまたはリモートで容易に管理できる。バックアップ計画を1つまたは複数のマシンに割り当て、ステータス更新を確認し、アラートを受信するといった管理操作を1つの画面で実行できる。

 復元機能の強化も図られていて、「Acronis Instant Restore」によりWindows/Linuxの物理システムまたは仮想システムのバックアップをVMware/Hyper-V仮想マシン(VM)として実行し、仮想ストレージエミュレーター経由でバックアップストレージからそのバックアップを直接マウントすることで、目標復旧時間(RTO)の短縮を図れる。

 また、「Acronis Universal Restore」は、システム設定を復元先のプラットフォームに合わせて調整することで、さまざまな環境間のシステム移行(P2V、P2C、V2C)を可能にする。ファイル、フォルダ、DB、メールボックス、電子メール、その他アイテム単位での復元や、ExchangeとSharePointバックアップからの細かな単位の復元も可能になっている。

 ライセンス形態は、1年版、2年版、3年版のサブスクリプションライセンスと、初年度のテクニカルサポートと無料アップグレードを含む永続ライセンスが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

サーバ仮想化環境におけるデータ保護のベストプラクティスは? 【クエスト・ソフトウェア】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
サーバ仮想化環境におけるデータ保護のベストプラクティスは? ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069160


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ