ファナティック、業務システムのサポート切れ対策サービスを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ファナティック、業務システムのサポート切れ対策サービスを強化


掲載日:2016/09/08


News

 ファナティックは、サポート切れの業務サーバからの移行を支援する「P2P型ハード入替サービス(旧名:システム延命サービス)」に、「セキュリティ強化サービス」「バックアップシステム再構築サービス」「UPS(無停電電源装置)入れ替えサービス」を追加し、提供を開始する。

 P2P型ハード入替サービスは、古くなった物理コンピュータから、新しい物理コンピュータへシステム全体を丸ごと移行する手法で、既存の業務システムやアプリケーションはそのままに、メーカー保守切れや老朽化といった問題を抱えるハードウェア(サーバなどの本体)だけを入れ替え可能にするサービス。今回、セキュリティ、バックアップシステム、UPSの強化対策をサービスメニュー化したことで、サポートが切れた業務システムへ用途や環境にあわせた対策を行う、トータルソリューションとして提供する。

 セキュリティ強化サービスでは、目的外使用が少なく、登録されていないプログラム実行などの機会が少ない業務システムのセキュリティ強化に向けて、ホワイトリスト型のトレンドマイクロ「SafeLock」を中心に提案する。また、バックアップシステム再構築サービスでは、レガシーOSに対応したバックアップソフト「Acronis Backup」を中心に、運用における信頼性向上と運用費抑制を支援する。UPS(無停電電源装置)入れ替えサービスでは、レガシーOSに対応し瞬断がないUPS装置への入れ替えにより、サポート切れシステムを使い続けるための安定した給電環境の整備を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069154


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ