ワコム、記入フォームの扱いを簡便にするサインタブレットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワコム、記入フォームの扱いを簡便にするサインタブレットを発売


掲載日:2016/09/08


News

 ワコムは、クレジットカード決済時のサインや、免税店で外国人観光客が記入する「購入者誓約書」(購入目的が再販ではなく、個人使用であることを明記して免税を申請する書類)の表示から署名までを、画面上で行えるサインタブレットの新製品「STU-540」を発売する。

 STU-540では、5型カラー液晶画面に、購入者誓約書などの書類を表示しながら説明でき、サインまで行える。さまざまな言語の誓約書を迅速に呼び出せ、保管(7年間)の負担や紛失のリスクなども低減できる。画面には、電子サインのスペースとソフトキーの両方を表示でき、サインと銀聯カードなどの暗証番号の両方にスムーズに対応する。また、商品プロモーションなどのスライドショーを流すこともでき、決済や説明に使用しない間にも利用できる。

 仮想化デスクトップ環境にも対応し、シンクライアント端末にUSB接続して電子サインできる。仮想化環境のCitrixで、XenApp Version 6.5を使用している場合、同機のVCP(Virtual Com Port)モードを利用することで、毎秒128Kのボーレートで接続できる。なお、CitrixのVersion 7.6.3以降の比較的新しい仮想化環境下では、USB標準接続に切り替えることで、毎秒3Mの高速ボーレートで使用できるほか、オプションのシリアルキットを使用することで、シリアルポートにも接続できる。

 デジタルペンは、同社のEMR技術を採用し、コードやバッテリーが不要で、スムーズに手書き入力できる。1024段階の筆圧レベルを感知し、書き手の筆圧や筆運びなどといった特徴のデータを取得することもできる。また、暗号化技術を採用し、セキュリティレベルが向上しているほか、各端末が固有のIDを持ち、どの署名がどの端末を使用して書かれたか識別することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069132


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ