ワコム、記入フォームの扱いを簡便にするサインタブレットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワコム、記入フォームの扱いを簡便にするサインタブレットを発売


掲載日:2016/09/08


News

 ワコムは、クレジットカード決済時のサインや、免税店で外国人観光客が記入する「購入者誓約書」(購入目的が再販ではなく、個人使用であることを明記して免税を申請する書類)の表示から署名までを、画面上で行えるサインタブレットの新製品「STU-540」を発売する。

 STU-540では、5型カラー液晶画面に、購入者誓約書などの書類を表示しながら説明でき、サインまで行える。さまざまな言語の誓約書を迅速に呼び出せ、保管(7年間)の負担や紛失のリスクなども低減できる。画面には、電子サインのスペースとソフトキーの両方を表示でき、サインと銀聯カードなどの暗証番号の両方にスムーズに対応する。また、商品プロモーションなどのスライドショーを流すこともでき、決済や説明に使用しない間にも利用できる。

 仮想化デスクトップ環境にも対応し、シンクライアント端末にUSB接続して電子サインできる。仮想化環境のCitrixで、XenApp Version 6.5を使用している場合、同機のVCP(Virtual Com Port)モードを利用することで、毎秒128Kのボーレートで接続できる。なお、CitrixのVersion 7.6.3以降の比較的新しい仮想化環境下では、USB標準接続に切り替えることで、毎秒3Mの高速ボーレートで使用できるほか、オプションのシリアルキットを使用することで、シリアルポートにも接続できる。

 デジタルペンは、同社のEMR技術を採用し、コードやバッテリーが不要で、スムーズに手書き入力できる。1024段階の筆圧レベルを感知し、書き手の筆圧や筆運びなどといった特徴のデータを取得することもできる。また、暗号化技術を採用し、セキュリティレベルが向上しているほか、各端末が固有のIDを持ち、どの署名がどの端末を使用して書かれたか識別することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

9.7型「iPad Pro」はこれまでのiPadとココが違う 【KDDI】 重要情報をスマホで社内に確実に伝えるツールの条件とは 【インフォテリア】 スタッフ研修のコストを削減、自主学習を促す仕組みの作り方 【インフォテリア】 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】 シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
9.7型「iPad Pro」はこれまでのiPadとココが違う “伝わらない”情報共有はなぜ起こる? 事例に学ぶスマホ活用術 スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方 市役所事例 紙文化が定着した官公庁でもタブレットは受け入れられるのか? シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069132


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ