ヴイエムウェア、OpenStackディストリビューションの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、OpenStackディストリビューションの新版を提供


掲載日:2016/09/07


News

 ヴイエムウェアは、OpenStack Mitakaを基盤にしたOpenStackディストリビューションの新版「VMware Integrated OpenStack 3」の提供を2016年第3四半期(予定)に開始する。

 今回の新版では、OpenStackクラウドのデプロイ(配置)が簡素化されているほか、既存のVMware vSphereワークロードをAPIドリブンなOpenStackクラウドでも実行できる。クラウド管理者やIT管理者の日常業務を改善でき、Novaコンピューティングサービスのコンフィグレーションを簡素化できる。OpenStack Identity(Keystone)サービスを効率化でき、クラウドネットワークのアイデンティティ管理機能の設定を1つのステップに集約できる。

 管理コントロールプレーンの最適設計が行われていて、数千台規模の仮想マシン、ワークロード、ネットワークに拡張できる本番環境向けのOpenStackクラウドに求められるインフラと関連コストの削減や、運用の効率化も図れる。コンパクトな管理コントロールプレーンを活用することで、IT部門は、支店や部門向けの小規模なOpenStackクラウドを優れた費用対効果で、15分程度で構築できる。また、既存のvSphere仮想マシンをOpenStackにインポートできる機能を備え、開発者は主要なプロジェクトワークロードを容易に移行でき、移行初日からOpenStack APIで管理できる。

 IT部門は新しいツールや追加のトレーニング不要で、VMware vSphere、VMware NSX、VMware Virtual SANを含むインフラ上で実行できるOpenStack APIを開発部門に提供できる。同ディストリビューションやVMware vSphereと密接に統合されたVMware vRealize OperationsやVMware vRealize Log Insightへの投資を活用でき、OpenStackの全体的なモニタリングや仮想インフラの問題解決を迅速・容易に行える。また、VMware Integrated OpenStackクラウドのコストやキャパシティを分析でき、パブリッククラウドで運用した場合のインフラコストと比較できる。

 本番環境のOpenStackクラウドを数週間程度でデプロイできるほか、VMware vSphereクラスタ、High Availability、vMotionを利用してワークロードの保護や本番環境でのゼロダウンタイムの維持を図れる。また、同社は、OpenStackコードを含め、ディストリビューションの全コンポーネントをパッケージし、テストとサポートも行う。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069126


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ