JBS、IT資産情報の可視化サービスを月額のツールで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBS、IT資産情報の可視化サービスを月額のツールで提供


掲載日:2016/09/07


News

 日本ビジネスシステムズ(JBS)は、IT資産管理ツール「JBS IT Asset Manager」のサービス提供を開始した。

 JBS IT Asset Managerでは、三菱総合研究所(MRI)の監修のもと、IT資産情報を可視化して、それらを横断的に関連づけて一元管理し、IT資産に対する各種分析データを提供する。資産管理台帳、案件情報、契約情報、実績情報などを関連づけることで、予実管理や各種情報照会、契約の分析を行えるほか、契約を見直してITコスト適正化を図れる機会としての契約更新時期のレポート機能、ベンチマークデータを活用したコスト見直しなど、ITガバナンス強化やITコスト適正化に向けた統合的なIT資産管理情報の可視化を支援する。

 MRIの監修のもと、初期コンサルティングを行い、ノウハウの詰まったアプリケーションが月額サービスのツールとして提供される。Microsoft SharePoint Onlineを基盤にExcelを活用した、IT企画担当者のクライアントPC環境との親和性を重視したユーザビリティに優れたサービスで、取り扱いやすいクラウドサービスをもとにツールが提供され、運用者が取り組みやすい。また、クラウドなので、ベンチマークの定期的な最新化が行われる。オプションサービスで、面倒な台帳入力もJBSにアウトソーシングでき、担当者に代わり台帳入力が行われる。

 価格は、データ整備、方針策定、プロセス作成、アプリケーション導入、初期データ取り込みを行う初期導入費用が400万円から、アプリケーションライセンス、定期レポート、システム保守・運用を行う月額サービス費用が35万円から(いずれも税別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 難しい国際基準への準拠を成功に導くには? アセットマネジメント、導入の勘所 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069099


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ