インフォリオ、人工知能による「見込み顧客抽出サービス」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォリオ、人工知能による「見込み顧客抽出サービス」を提供


掲載日:2016/09/05


News

 インフォリオは、人工知能(ディープラーニング)を利用し、予測マーケティング(Predictive Marketing)を容易に導入可能にする「見込み顧客抽出サービス」の提供を開始した。

 見込み顧客抽出サービスは、マーケティングデータの中から顧客ごとに「成約する確率」を算出可能にするWebサービス。これにより、ダイレクトメール(DM)の送付先の絞り込みや、営業開拓先の優先順序決め、会員情報からの解約予備軍の抽出など、有望な対象顧客に向けた営業資源のより効率的な投下を図れる。

 過去の成約パターンから条件を自動学習するため、ユーザーが条件を考える必要はない。また、複数の学術データを基に試験を実施することで、優れた予測精度を提供する。

 小規模データであれば無料から利用できる。扱えるデータサイズの大きな有料版の価格は、月額3万5000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション Knowledge Suite 【ナレッジスイート】 営業部門の「脱Excel」を主導して「デキる情シス」へステップアップ_JUST.SFA 【ジャストシステム】 リクルートホールディングスに学ぶ、「働き方改革」成功のためのノウハウ 【Sansan】 意外と知らない、リスクマネジメントに名刺管理のデジタル化が効く理由とは? 【Sansan】 Salesforce活用事例:人材派遣のVSNが名刺情報の価値を高めた管理術 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA SFA SFA
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザー数無制限、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応。 Excel日報の無駄、Excel顧客管理の限界など、営業部門が抱えたExcel作業の課題をあぶり出し、営業部門における、脱Excelの具体的な進め方を解説。 リクルートホールディングスに学ぶ、「働き方改革」成功のためのノウハウ 意外と知らない、リスクマネジメントに名刺管理のデジタル化が効く理由とは? Salesforce活用事例:人材派遣のVSNが名刺情報の価値を高めた管理術

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069079


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ