TED、未知の脅威に対するインシデント対応自動化を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TED、未知の脅威に対するインシデント対応自動化を提供


掲載日:2016/09/01


News

 東京エレクトロン デバイス(TED)は、F5ネットワークスジャパンのロードバランサ/ADC製品「BIG-IP Local Traffic Manager」(BIG-IP LTM)とリモートアクセスSSL-VPN/シングルサインオン製品「BIG-IP Application Policy Manager」(BIG-IP APM)を利用した、「未知の脅威に対するインシデント対応自動化ソリューション」の提供を開始した。

 今回提供されるソリューションでは、F5 BIG-IP LTM/APM製品とFireEyeサンドボックス製品を連携し、未知の脅威に対するインシデント対応を自動化することで、常時SSL化へのニーズに対応する。SSL通信に潜むマルウェアや攻撃トラフィックをF5とFireEye製品のサンドボックス検知機能により、平文通信と同様にマルウェアを検知して自動的にブロックできる。

 SSL暗号化通信は、F5 BIG-IPにて復号されてからFireEyeに渡され、未知のマルウェアを検知後、再びF5 BIG-IPに戻り再暗号化される。F5 BIG-IPは、ハードウェアによりSSL処理の高速化を可能にしている。FireEyeの検知したインシデントを受け取ったF5が自動的に通信をブロックし、複数台のFireEyeへの負荷分散構成とすることでSSL可視化とサンドボックス検知の処理性能を拡張可能にしている。

 またサポート体制として、導入・構築・検証支援までをサポートするとともに、保守サービスメニューとして24時間365日のオンサイトサポート対応が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

“先読み防御”で未知の脅威に対応、次世代エンドポイントセキュリティの実力 【FFRI】 サイバー攻撃者の思考から探る、最新手口に備えるエンドポイントセキュリティ 【パロアルトネットワークス】 正規プロセスを装う新型マルウェア、その特効薬となるセキュリティ対策とは 【FFRI】 Windows 10移行時に考える、最適な次世代エンドポイント保護 【FFRI】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
“先読み防御”で未知の脅威に対応、次世代エンドポイントセキュリティの実力 サイバー攻撃者の思考から探る、最新手口に備えるエンドポイントセキュリティ 正規プロセスを装う新型マルウェア、その特効薬となるセキュリティ対策とは Windows 10移行時に考える、最適な次世代エンドポイント保護 AI技術を利用したマルウェア対策製品。マルウェアの高精度な検知から再発防止支援まで実現する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20069020


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ