東芝、無線LAN搭載SDメモリカードにEyefiの制御連携機能を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、無線LAN搭載SDメモリカードにEyefiの制御連携機能を搭載


掲載日:2016/08/26


News

 東芝は、無線LAN搭載SDメモリカードに、Eyefi(アイファイ)が開発した“Eyefi Connected”機能を搭載することを決定したと発表した。

 Eyefi Connected機能は、カメラからSDメモリカードを制御できるカメラ連携機能で、キヤノンやニコン、ソニーなどの10社以上300機種以上のデジタルカメラで対応しているという。SDメモリカードの無線のオン・オフをカメラ側で設定することや、無線通信と連動したカメラの電源制御が可能で、データ転送中の電源停止を防げる。

 同機能の搭載は、東芝とアイファイが締結した技術ライセンス契約に基づくもので、2016年度中に同機能を搭載した無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir」の製品化を予定していると伝えている。

 また、8月下旬には、iOS、Android、OS X、Windows端末向けアプリ「Eyefi Mobi」が更新され、Class10対応の「FlashAir」と同アプリをインストールした端末との通信が可能になり、写真の自動転送や管理ができるクラウドサービスの「Eyefiクラウド」への、自動バックアップなどの機能を使用できるようになるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 【日商エレクトロニクス】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】
ERP アンチウイルス NAS ファイアウォール SFA
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068927



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ