東芝、無線LAN搭載SDメモリカードにEyefiの制御連携機能を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、無線LAN搭載SDメモリカードにEyefiの制御連携機能を搭載


掲載日:2016/08/26


News

 東芝は、無線LAN搭載SDメモリカードに、Eyefi(アイファイ)が開発した“Eyefi Connected”機能を搭載することを決定したと発表した。

 Eyefi Connected機能は、カメラからSDメモリカードを制御できるカメラ連携機能で、キヤノンやニコン、ソニーなどの10社以上300機種以上のデジタルカメラで対応しているという。SDメモリカードの無線のオン・オフをカメラ側で設定することや、無線通信と連動したカメラの電源制御が可能で、データ転送中の電源停止を防げる。

 同機能の搭載は、東芝とアイファイが締結した技術ライセンス契約に基づくもので、2016年度中に同機能を搭載した無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir」の製品化を予定していると伝えている。

 また、8月下旬には、iOS、Android、OS X、Windows端末向けアプリ「Eyefi Mobi」が更新され、Class10対応の「FlashAir」と同アプリをインストールした端末との通信が可能になり、写真の自動転送や管理ができるクラウドサービスの「Eyefiクラウド」への、自動バックアップなどの機能を使用できるようになるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068927



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ