NEC、「Oracle Engineered Systems」の1次保守サービスを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、「Oracle Engineered Systems」の1次保守サービスを拡充


掲載日:2016/08/25


News

 NECは、「Oracle Engineered Systems」のうち、「Oracle Exadata」に加え、4製品についても1次保守サービスの提供を開始する。

 今回1次保守サービスの提供が開始されるのは、「Zero Data Loss Recovery Appliance」、「Oracle Big Data Appliance」、「Oracle Exalogic Elastic Cloud」、「Oracle Exalytics In-Memory Machine」の4製品。これにより、複数のEngineered Systems製品を導入するユーザーに対しても一元的な保守窓口を提供できる。

 サービス提供にあたって、「NEC Oracleレスポンスセンター(NEORC)」が窓口となり、全国約400拠点で計4000人のエンジニアを有するNECフィールディングのハードウェアサポート網と連携する。ハードウェア・ソフトウェアの両面で一体的なサポートを行えるよう図られている。障害発生時のハードウェア・ソフトウェアの切り分け作業、迅速な故障部品の交換や製品の使用方法に関する問い合わせに対応できる。

 また、Oracle Big Data Appliance上で稼働する分散処理基盤「Hadoop」「Spark」について、適切なコンポーネント選定やアプリケーション開発、サイジング、チューニングなどの設計支援を行う「Hadoop/Spark導入支援サービス」の提供を開始する。既にHadoopやSparkを導入済みのユーザーに対しては、適切な設計・運用がなされているかを診断する「健康診断サービス」の提供を開始する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「垂直統合型システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「垂直統合型システム」関連情報をランダムに表示しています。

「垂直統合型システム」関連の製品

追加コスト不要ハイパーバイザーの実力は? クラウドサービス彩雲での導入効果 【ニュータニックス・ジャパン】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 【日本ヒューレット・パッカード】 変化に強い企業システムの決定版 HCIは“どこ”で選ぶ? 【日立製作所+他】 仮想化基盤統合、性能とコストを犠牲にしない選び方 【デル+他】
垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
追加コスト不要ハイパーバイザーの実力は? クラウドサービス彩雲での導入効果 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 クラウドのように運用できるオンプレミスとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。HCI製品を選ぶ最大のポイント、それはストレージ仮想化技術だ。 仮想化基盤統合、性能とコストを犠牲にしない選び方

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068913


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ