矢野経済研究所、ERP市場動向に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、ERP市場動向に関する調査を実施


掲載日:2016/08/25


News

 矢野経済研究所は、国内のERPパッケージライセンス市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は4月〜7月、調査対象はERPパッケージベンダー、調査方法は矢野経済研究所の専門研究員による直接面接調査になっている。

 同調査でのERP(Enterprise Resource Planning)パッケージとは、財務会計/人事給与/販売管理/生産管理などの基幹業務データを統合する情報システムを構築するための基幹業務管理パッケージソフトウェアを指す。また、同調査におけるERPパッケージライセンス市場では、基幹業務の一部機能のみを持ち、ERPパッケージのモジュール(構成要素)となるパッケージソフトウェアも対象としたという。

 調査結果サマリーとして3点発表している。まず、2015年の国内ERPパッケージライセンス市場は1111億円(エンドユーザー渡し価格ベース)、前年比8.0%増となり、2014年の伸び率を上回って、堅調な成長を維持していると述べている。

 2つめは、需要は引き続き堅調で、2016年のERPパッケージライセンス市場(エンドユーザー渡し価格ベース)は、前年比8.1%増の1200億7000万円を予測するとしている。

 3つめは、2016年以降は、経済全般的に不安定な色合いが強まっており、ERP市場の成長を鈍化させる懸念があるという。しかし、不安定な外部環境に的確に対応できる経営のプラットフォームを構築したいという戦略的な理由でERPを再構築するユーザー企業も増えていると述べている。それに伴い、導入スピードが短く柔軟性の高いクラウドサービスの利用も拡大しており、クラウド化はERPのトレンドの1つとなっていると考えるという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 【ユニフィニティー+他】 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 【ユニフィニティー+他】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? 【ネットアップ】 セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情 【NTTテクノクロス】
スマートフォン スマートフォン 垂直統合型システム 垂直統合型システム WAF
コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068902



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ