AMI、音声認識SDKのスタンドアロン版に機械学習技術を実装

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AMI、音声認識SDKのスタンドアロン版に機械学習技術を実装


掲載日:2016/08/24


News

 アドバンスト・メディア(AMI)は、スタンドアロン版の音声認識開発キット「AmiVoice SDK(ローカル認識)」にディープラーニング技術を実装し、発売した。

 AmiVoice SDKは、各種OSで動作するアプリケーションへ、単語やコマンド、文章認識機能の組み込みを可能にする音声認識開発キット。日常会話で用いられる標準的・汎用的な用語や言い回しを搭載した「大語彙辞書」の他、業種や業態など、分野に特化した専門辞書の利用も可能になっている。iOS、Android、Windowsに対応している。

 今回、AmiVoice SDKのサーバ認識版に実装されていたディープラーニング技術を、ローカル認識版にも実装した。これにより、騒音下やマイクと口元の距離が離れている場合などでも認識精度の向上を図れ、製造・物流などでのボイスピッキング業務や、音声点検業務・実績入力などで利用できる。

 なお価格は、50万円(税別)で、商用ライセンス(ライセンス数により価格が異なる)は1ライセンスから購入が可能になっている。


出荷日・発売日 2016年8月23日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? 【ファイルメーカー】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068883


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ