ドコモ、ロボットやアプリに対話機能を提供する基盤で英語版提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、ロボットやアプリに対話機能を提供する基盤で英語版提供


掲載日:2016/08/24


News

 ドコモは、人工知能を活用し、法人企業向けにロボットやスマートフォンアプリなどのユーザーインタフェースに対話機能を提供する「自然対話プラットフォーム」のオプション機能として、英語に対応する意図解釈エンジンとシナリオ対話エンジンの提供を開始した。

 自然対話プラットフォーム オプション機能(英語版)は、ロボットや玩具、スマートフォンアプリなどで利用されることを想定していて、訪日外国人などの受付業務や接客業務、商品説明や観光案内などに活用範囲を拡大できる。英語に対応する意図解釈エンジンやシナリオ対話エンジンが開発されたことで、翻訳エンジンを介さずに、英語の音声で入力された内容を英語で意味を解釈でき、より自然な対話を行える。

 価格は、自然対話プラットフォーム(自然対話エンジン)の基本利用料が初期費用298万円、月額費用49万8000円、オプション機能(英語版)の機能利用料が初期費用50万円、月額費用10万円(いずれも税別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068869


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ