SAS、サイバーセキュリティベンダーで世界トップ50社に選出

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAS、サイバーセキュリティベンダーで世界トップ50社に選出


掲載日:2016/08/23


News

 SASは、調査会社のCybersecurity Venturesが発表したCybersecurity 500で、サイバーセキュリティ・ソリューションプロバイダーの世界トップ50社に選出されたと発表した。

 SASは、アナリティクス、ビジネスインテリジェンス、データマネジメントに関するソフトウェアとサービスを提供しており、企業の意思決定に関する支援を行なっている。

 Cybersecurity 500は、サイバーセキュリティのソリューションやサービスを提供している上位500社をランキング集計したもので、SASは48位にランキングされていると述べている。

 今回、SASがトップ50社に入った理由として、同社ではセキュリティアナリティクスソフトウェア「SAS Cybersecurity」の導入が進んでいることを挙げている。

 SAS Cybersecurityでは、ネットワークトラフィックをユーザー、デバイス、組織、脅威に関するデータと関連付け、ネットワーク上の異常な行動を検知すると、優先順位に従って警告を発令する。セキュリティアナリストはこの発令に従って、隠れた脅威も把握できるので、脅威の検出と対応に要する時間を節約できる。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 「攻殻機動隊 S.A.C.」×Cisco──理想の働き方の実現のために何ができるか? 【シスコシステムズ合同会社】 7月24日の「テレワーク・デイ2017」 その日、どんな働き方が実践された? 【シスコシステムズ合同会社】 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】 東京ガスiネットが実現したクラウド活用 鍵になるのは「都合の良い」クラウド 【日本オラクル株式会社】
暗号化 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 その他ストレージ関連 IaaS/PaaS
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
「攻殻機動隊 S.A.C.」×Cisco──理想の働き方の実現のために何ができるか? 7月24日の「テレワーク・デイ2017」 その日、どんな働き方が実践された? オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 東京ガスiネットが実現したクラウド活用 鍵になるのは「都合の良い」クラウド
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068849



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ