NRI、有価証券運用管理でバーゼル規制変更に対応し機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、有価証券運用管理でバーゼル規制変更に対応し機能を追加


掲載日:2016/08/23


News

 野村総合研究所(NRI)は、有価証券運用管理ソリューション「T-STAR/GX」で、オプションサービスとして、2017年1月に予定されるバーゼル規制の変更に合わせた機能の提供を、2017年4月に開始する。

 T-STAR/GXは、資産運用会社を支援するソリューション群「T-STARファミリー」の1つで、バックオフィスシステムやマーケットデータをもとに、時間加重収益率計算および要因分解機能、さまざまな切り口による残高・取引・収益率などの参照機能(資産別・セクター別・銘柄別)、レポーティング支援、コンプライアンスチェック、大手スポンサー向けディスクロ作成機能などを備えている。資産運用(投資顧問・投資信託・信託銀行・年金基金など)におけるポートフォリオ運用にかかわるフロント・ミドル業務を支援することで、資産運用ビジネスの“PLAN-DO-SEE”を統合的にサポートできるよう図られている。

 今回提供される機能では、計算式自体が複雑・難解になるデリバティブ(金融派生商品)の与信相当額の計算方法について計算を自動化し、必要最低限の属性データを登録することで信用リスクアセット計算値を得て、レポートに反映できる。また、ルックスルー(資産構成把握)が比較的難しいとされる外国籍投信や、ファンドオブファンズ形式のファンドにおいても、信用リスクアセット計算を行いレポートとして容易に出力できる。ファンドを保有する銀行は、ルックスルーを行わない資産について、より高度なリスク管理を行う手間を省ける。

 また、バーゼル規制関連でファンドを構成する個別銘柄の属性判定を行う「IDS-BISサービス」とも連携していて、併用することでレポート作成負荷のさらなる低減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

ProSCOPE-C 【日立SC】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068841


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ