サーヴァンツ、32Gb/16GbファイバーチャネルHBAを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サーヴァンツ、32Gb/16GbファイバーチャネルHBAを発売


掲載日:2016/08/22


News

 サーヴァンツインターナショナルは、ATTO Technologyの第6世代のファイバーチャネル「Celerity」シリーズで、32ギガビット(Gb)ロープロファイル・シングル/デュアルポートおよび、16Gbロープロファイル・クワッドポートのホストバスアダプタ(HBA)を発売した。

 いずれもPCIe 3.0 x8スロットに対応し、32GbファイバーチャネルHBAは、SFPモジュールを同梱しポートごとに全2重モードで最大毎秒3200MBのスループットを、16GbファイバーチャネルHBAはSFF形式のポートでポートごとに全2重モードで最大毎秒1600MBのスループットを供給できる。

 サーバOSに加え、Windows/OS XなどのクライアントOSや、仮想化環境を含めた様々なOSに対応する。さらに、全体的なファイバーチャネルシステムの性能を向上させスムーズなデータストリーミングを可能にする、ATTOのAdvanced Data Streaming(ADS)テクノロジーにも対応している。

 価格はオープン価格で、ATTOによる3年間の製品保証が付帯する。


出荷日・発売日 2016年8月19日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

「SAN」関連の製品

フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 【日本ヒューレット・パッカード】 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】 Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】
SAN SAN SAN
フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068835


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ