ポンタ研究所、低価格3Dスキャナーの読取精度を高めるソフト提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ポンタ研究所、低価格3Dスキャナーの読取精度を高めるソフト提供


掲載日:2016/08/19


News

 ポンタ研究所は、家庭向けに市販されている低価格な3Dスキャナーと組み合わせることで、高精度な3Dデータの取得を可能にするソフトウェア「ポンタスキャナ」の提供を、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて開始した。

 ポンタスキャナは、1万数千円〜2万5000円程度で購入可能な、インテル製のRealSense3Dセンサー「F200」搭載の3Dハンディスキャナーや「SR300」の開発者向けキットを使いながら、プロ用・業務用にも対応する高精細な3Dデータを得られるソフトウェア。「フリーメッシュ法」の局所要素生成アルゴリズムに、条件の追加や変更を加えて高精度スキャニングに特化した3次元Delaunay分割を可能にしている。

 なお同ソフトウェアは、CAMPFIREを通じた1万円の支援に対するリターンとして提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068820


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ