オプト、LINE ビジネスコネクト配信で会員カード機能をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプト、LINE ビジネスコネクト配信で会員カード機能をリリース


掲載日:2016/08/17


News

 オプトは、LINE ビジネスコネクト(LINEがアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス)の配信ツール「TSUNAGARU」で、「会員カード機能」をリリースした。

 会員カード機能は、企業のLINEアカウントのトーク画面で、利用者個別のバーコードが表示される機能。該当LINEアカウントをフォローしている利用者が、リッチメニュー上のボタンを押すことで、利用者個別の会員証が発行される。

 会員証は、1次元のバーコードまたはQRコードで構成され、既存会員システムで利用しているPOSレジなどで認証できる。会員証のIDの採番ルールは企業独自の会員システムに合わせてカスタマイズできる。

 同機能を導入することで、会員登録をしていない利用者にも、ポイント付与などのロイヤリティマーケティングや、パーソナライズされた情報提供を行うOne to Oneマーケティングを行えるなど、LINEアカウントを通じて、従来以上に利用者と深いコミュニケーションを行える。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

事例から学ぶ、わずか2カ月半でCTI連携のCRMシステムを構築する秘訣 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】 個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは 【富士通株式会社】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 蓄積したお客さまの声の活用にCRMソフトを採用。ミキハウスに学ぶ活用例 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
事例から学ぶ、わずか2カ月半でCTI連携のCRMシステムを構築する秘訣 顧客対応の現場のノウハウで作られた“痒いところに手が届く”CRM製品とは? 個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 蓄積したお客さまの声の活用にCRMソフトを採用。ミキハウスに学ぶ活用例

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068784


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ