ユニットコム、VR開発向け17型ノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニットコム、VR開発向け17型ノートPCを発売


掲載日:2016/08/12


News

 ユニットコムは、VR(バーチャルリアリティー)開発向け17型ノートPC「Sol-17FG098-i7K-VRS-DevelopVR」を発売した。価格は29万9980円(税別)から。

 Sol-17FG098-i7K-VRS-DevelopVRは、デスクトップ向け「VR READY」対応グラフィックスと、Skylakeアーキテクチャプロセッサを搭載し、VRヘッドマウントディスプレイ「Vive」の推奨認定を取得したノートPC。Skylake-KプロセッサとZ170チップセットの組み合わせにより、NVIDIA GPUからの直接出力を可能にし、グラフィックスパフォーマンスの向上が図られている。また、デスクトップ向けGPU「GeForce GTX 980」を搭載し、ノートタイプながら、デスクトップPCと同等の処理性能を提供し、複数のソフトウェアの同時使用にも対応できる。

 VR READY対応のビデオカードを採用したことで、ヘッドマウントディスプレイでのVRコンテンツにも対応できる高精細で滑らかな動きの描画も可能になっている。この他、OSインストールディスクには480GB SSDを採用し、高速な起動を可能にしている。


出荷日・発売日 発売済
価格 29万9980円(税別)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

2020年のWindows 7延長サポート終了、大規模移行の悪夢をどう乗り越える? 【クエスト・ソフトウェア】 単なるレンタルではない、導入から運用管理まで楽にする「PCのサービス化」とは 【横河レンタ・リース】
ノートパソコン ノートパソコン
2020年1月、「Windows 7」の延長サポートが終了する。少し先の話とはいえ、準備は早いに越したことはない。最適な方法を解説する。 サーバや業務アプリなどビジネスで使うITシステムの多くをサービスとして利用している企業は多い。普段使うPCをサービス化できたらどのようなメリットがあるのだろうか。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068739


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ