ALSI、WebフィルタリングをFireEyeのメールセキュリティと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ALSI、WebフィルタリングをFireEyeのメールセキュリティと連携


掲載日:2016/08/08


News

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」で、ファイア・アイ(FireEye)のメールセキュリティ製品「EX」シリーズとの連携オプション機能(有償)を8月末に発売する。

 今回搭載される連携機能では、EXシリーズで、メールのURLや添付ファイルを実行・解析し、不正と判断された場合に、通信先のC&Cサーバ情報をリアルタイムでInterSafe WebFilterのURL DBに登録し、通信を遮断する。これにより、ネットワーク上の未知の脅威に加え、メールをきっかけにしたサイバー攻撃に即時対応でき、より強固な標的型攻撃対策を行える。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由 【トレンドマイクロ】 EU「GDPR」施行に備える、情報漏えい防止プロセスの4段階 【シマンテック】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【NTTテクノクロス】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由 EU「GDPR」施行に備える、情報漏えい防止プロセスの4段階 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20068699


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ